としの生活日記 > 日記 > サッカー日本代表コートジボアール戦の感想

サッカー日本代表コートジボアール戦の感想

サッカー日本代表がコートジボアールと
ワールドカップ南アフリカ大会前の最後の親善試合をした。
日本は2対0でコートジボアールに敗れた。

闘莉王の2試合連続となるオウンゴールで
日本は先制点を許した。
そしてさらに追加点を奪われて敗れてしまった。

コートジボアールはアフリカの国だ。
だからワールドカップ初戦の相手カメルーンを
念頭に対戦相手を決めたのだろう。

日本はイングランド戦と違ってコートジボアールでんでは
選手交代を積極的にしていた。

ワールドカップ前最後の親善試合ということもあったのだろう。
しかし選手を交代しても得点をすることはできなかった。

イングランド戦ではコーナーキックからだが、
得点を挙げることができた。
しかしコートジボアール戦では得点できなかった。
得点できるチャンスもあまり作ることができなかった。


カメルーン相手を想定した試合だったが、
このままではいけないと思った。





| 日記